与野党の対応分かれる ミサイル関連決議

 北朝鮮のミサイル発射実験をめぐり、19日の市議会臨時会では、政府対応の遅れに抗議する意見書や、北朝鮮に対する抗議決議など議員提案の議案3件を賛成多数で可決した。地対空誘導弾パトリオット(PAC3)配備への賛否も絡み、与野党で意見は二分された。


 意見書、抗議決議では、いずれも石垣市がミサイルの「軌道直下」だったと表現。
 野党の石垣三雄氏は、3議案の趣旨には賛同しながら「軌道直下は石垣市ではなく多良間村。事実誤認だ」と指摘。与党の砥板芳行氏は「何をもって軌道直下の幅を判断するかという議論も必要」と反論した。


 砥板氏が提案した北朝鮮への抗議決議と、政府への意見書には「(ミサイルで)市民の生命財産が危険にさらされた」という表現があったが、石垣氏が「官房長官コメントでは、わが国に落下するケースは通常起こらないと述べている」と異議を唱えた。


 野党は、政府が北朝鮮の脅威を実態以上に誇張し、自衛隊配備の地ならしとしてPAC3を配備した、と主張する立場。この観点から意見書や抗議決議の「軌道直下」「生命財産の危険」という表現は承服し難かったようだ。


 北朝鮮への抗議決議と政府への意見書には与党と中立の保守系市議が賛成し、野党は反対で足並みをそろえた。政府対応の遅れに抗議する意見書の表決では、野党から長浜信夫氏のみ賛成に回った。