西表島 音楽いっぱいに アーティスト13組出演 ミュージックフェスティバル

多彩なアーティストたちが出演した西表ミュージックフェスティバル=21日午後、町立交流センター
多彩なアーティストたちが出演した西表ミュージックフェスティバル=21日午後、町立交流センター

 

 「協力と活力」をテーマにIriomote Music Festival2012(IMFプロジェクトチーム主催、竹富町商工会青年部共催)が20、21日の2日間、西表島の町立交流センターで開催された。メインステージは、歌手やバンド、DJなど多彩なアーティスト13組が出演し盛り上げた。会場内では第5回IMF杯ミニサッカー大会やフリーマーケットなどのイベントも行われた。

 

 西表ミュージックフェスティバルは、西表島のサトウキビ収穫終了祝いとして2003年に開催。その後、地域活性化を目的としたフェスティバルとなり、昨年から町商工会青年部と共催で開催している。


 この日のメインステージでは、ケンヤマルセイユオーケストラやギリギリBOYZ(from山形)、西表島ハイサイバンド、西表島船浮出身の池田卓さん、歌手でソングライターのbirdさんが登場し、多彩なステージを披露した。観客の中には音楽に合わせて踊る人もおり、思い思いに音楽を楽しんでいた。


 また、会場内では第5回IMF杯ミニサッカー大会も開かれ、6チームが出場。西表東部チームが優勝した。


 商工会青年部による黒糖スイーツ選手権が初開催されたほか、カレーやサーターアンダギーの早食い競争などで盛り上がった。


 20日のメインステージでは、ジャムバンドの(仮)ALBATRUSや波照間島の唄者・後富底周二さん、女性ラッパーのCOMA―CHIさんなどが出演した。