「内容ある9位」 山本良介

 最後の種目ランでは終盤までトップを走り、男子国内勢初の優勝を期待されたが最終周回に外国人選手に抜かれ、無念の9位。しかし、国内勢トップを飾った。スイムラップは17分01秒とおくれたが、バイクラップは1時間38秒で遅れを挽回。ランラップは32分19秒。トランジットを含めた総合記録は1時間50分41秒となった。


 報道陣のインタビューに対し「内容のある9番。もうちょっとランで頑張れれば」と、少し悔しそうな表情を見せた。