「力出し切った」 佐藤優香

 スイムからトップ集団に入り、バイクでもトップの位置取りに加わった。表彰台を狙っていたが、総合順位は6位。「身体をリセットして臨んだが、表彰台に立てなかったことが悔しい。課題もあるが、力は出し切った」


 スイムラップ18分4秒、バイクラップ1時間12分6秒とどちらも上位で通過。ランで上がれず36分、トランジットを含めた総合記録は2時間6分55秒となった。


 インタビューに対し、「着々と上にあがっていることは感じる。前進しているが、もう少し高い前進をしないといけない」と語り、「オリンピック選考はあと2戦しかない。諦めずに死ぬ気で練習して、チャンスを繋げていきたい」とオリンピック出場に向けて意気込んだ。