「スプライト」撮影 県内初か 平得の本宮信夫さん

「スプライト」と呼ばれる発光現象
「スプライト」と呼ばれる発光現象

 

 11日の夜、NPO法人八重山星の会会員の本宮信夫さんが自宅(平得)に設置した流星観測用カメラで、「スプライト」と呼ばれる珍しい発光現象の撮影に成功した。本宮さんによると県内では初めてで、国内では最南端での観測としている。


 同夜、スプライトは合計4回観測され、いずれも尖閣諸島付近の東シナ海南部で発生していたと推定。


 スプライトとは、宇宙とも地球ともつかない境界付近の、いわゆる「宇宙の渚」で起こる発光現象のひとつ。宇宙の渚での発光現象としては、このほかにオーロラなどがある。スプライトは雷雲から上方に向けての放電と考えられている。


 今回の観測は、パソコンに接続した高感度ビデオを動かし続け、動くものがあった時に、その前後の映像を記録する、タイムシフト動体録画という方法で撮影された。