PAC3協力に謝意 田中防衛相、3市町に 

 田中直紀防衛相は23日午前、石垣市役所で中山義隆石垣市長と会談した。北朝鮮が人工衛星と称したミサイル発射に備え、石垣市などに配備した地対空誘導弾パトリオット(PAC3)に関し、市の協力に感謝の意を伝えた。与那国町では外間守吉町長に対し、南西諸島の防衛力強化に向け防衛省が新設を進める沿岸監視部隊の受け入れを要請した。

 

 中山市長との会談で田中防衛相は「部隊の展開から撤収まで円滑にできた。市民の協力に感謝する。今後も国民の安全と生命財産を守る業務に努めたい」と伝えた。


 東京都の石原慎太郎知事が表明した尖閣諸島の購入方針については、会談後、記者団に「政府全体で考えること。防衛省として特に具体的なことは考えていない」と述べるにとどめた。中山市長によると、会談では話題に上らなかったという。


 中山市長は田中防衛相に「迅速な展開で、石垣にPAC3を配備していただいたことに感謝したい」と伝えた。県立八重山病院の医師不足問題も取り上げ、防衛省の医官などを派遣できないか検討を求めた。


 会談後、報道陣に対し、PAC3と自衛隊配備の関連については「ぜんぜんリンクしない」と否定した。


 田中氏は引き続き川満栄長竹富町長と会い、ミサイル発射情報の公表遅れを指摘され「検証して次に生かしたい」と釈明した。


 川満町長は会談後「国民の命を守ることは町にとっても大きな仕事。国は国防の観点から、ぜひしっかりと認識して今後とも任務を遂行してほしいと要望した」と述べた。


 田中防衛相はこのあと与那国町を訪れ、外間町長と会談した。午後には宮古島、那覇両市を訪問した。