南極の氷贈る 自衛隊が石垣市に

 自衛隊沖縄地方協力本部は29日、海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」が南極で採取した氷を石垣市に贈呈した。市は氷を砕いて各学校に配布し、教材として活用してもらう予定。


 この日、屋内練習場で開かれた防災訓練の終了式後、同本部石垣出張所の片岡士郎所長が、中山義隆市長に目録を渡した。


 同本部によると、氷は南極昭和基地の近くにあった氷山から採取した。氷山の氷は2万年から4万年前に降った雪でできているという。