大凧 快晴の空高く 八重山凧愛好会

シャクシメーから落ちてくるお菓子を待つ子どもら=新港地区埋立地
シャクシメーから落ちてくるお菓子を待つ子どもら=新港地区埋立地

 八重山凧愛好会(添石邦男会長)の子どもの日凧あげの集いが5日、石垣港新港地区埋立地で行われ、家族約50人が参加した。


 大凧に吊られた大きな鯉のぼりが5月の青空に元気良く泳ぐ、八重山凧愛好会の毎年恒例のイベント。ピキダー、八角など伝統凧も舞った。


 会場では、12メートルの大きな鯉のぼりが大凧に吊り上がられ、元気良く泳ぎ、子どもらもそれに負けないように自分な好きなアニメキャラクターを描いたカーブヤーの凧を青空に高く揚げていた。


 このほか、空に揚げたシャクメーから、子どもらにお菓子のプレゼントや八角、ピキターなどそれぞれが好きな凧を持ち寄り、揚げていた。
 全国では5月、子どもの成長を願って凧あげをする地域も多いという。