むゆる館に相談所 障害者支援に力

気軽に相談をとアピールする(右から)藤原さんと山本さん=むゆる館事務所、登野城
気軽に相談をとアピールする(右から)藤原さんと山本さん=むゆる館事務所、登野城

 障がい者対象の地域活動支援センター「むゆる(集う)館」=登野城=が、新たにセンター横で相談所を開設、業務を始めている。相談員は山本智子さんと藤原敬子さん、仲盛有紀さん―の3人。「障がい者と保護者の声に耳を傾け、障がいに応じた対応をしたい」と意欲的だ。


 相談所は4月1日に開設。市社協とむゆる館で実施していた相談事業をまとめ強化しようと、専用スペースを設けた。障がい者と保護者らを対象に、福祉サービス利用計画や手続き、自立支援、日常生活―とさまざまな相談を受ける。電話・来所・訪問相談も可能。利用無料。


 松田さんは「障がい者の関係法令が何度も変わり、福祉サービスを受けるのも手続きが複雑化している。気軽に相談を」、藤原さんも「私自身が勉強しながら、障がいに応じた、ていねいな対応を心掛けたい」と張り切っている。
 相談は平日の午前9時から午後5時まで。電話は83―9226むゆる館事務所まで。