学んで判断力を 八商工 菅原さんが講話

キャリア講話を行った菅原洋介さん=14日夕、八重山商工高校
キャリア講話を行った菅原洋介さん=14日夕、八重山商工高校

 八重山商工高校(友利成寿校長)定時制で14日、キャリア講話が開かれ、学校法人東京C.P.A専門学校専任講師の菅原洋介さんが講話を行った。


 キャリア講話は、目的をもって学習することの必要性、大切さについて考えてもらおうと実施されている。


 菅原さんは国や世界の情勢を踏まえ、勉強することの大切さを訴えた。「勉強の本当の目的はご飯を食べるため。一生長く稼いでいかないといけない」とし、「きちんと勉強して判断力を持ってほしい。一生懸命やれば必要とされる」と語った。


 生徒たちが学ぶ商業科目について、「会社では数字を読む力が大事。簿記は会社であれば絶対使うもの。世界中で勉強されている」と重要性を伝えた。
 また、簿記を勉強することで、税理士や公認会計士に繋がることも触れた。