一期米刈り取り 石垣

黄金色に実った一期米の収穫が始まった=新川平田原
黄金色に実った一期米の収穫が始まった=新川平田原

 県内の米どころ石垣島で黄金色に実った「一期米」の収穫が18日から始まった。市内新川平田原にある仲新城淳さん(76)所有の水田では大型コンバインを操縦して、黄金色に実った一期米のコシヒカリを収穫した。


 石垣島の超早場米は梅雨入り時期に収穫され、自家精米し、市内のスーパーを中心に販売することにしている。


 仲新城さんは、平田原の水田約50アールに、こしひかり、黒米もち米、秋田小町など6品種を1月15日に植え付けを行った。


 昨年は1ヵ月遅れの収穫だったが、今年は気温、雨量ともに良く、予定時期に収穫を開始した。


 仲新城さんは「歩留まりは良く作柄がいい。米のおいしさを示す食味値は80点、いくのでないか」と話した。
 精米した米は早くて20日に市内店頭に並ぶ。