八重山ポニーズV 3季連続 6戦全勝で

3季連続の完全優勝を果たした八重山ポニーズ=27日夕、石垣空港
3季連続の完全優勝を果たした八重山ポニーズ=27日夕、石垣空港

 中学硬式野球のポニーリーグ第28回沖縄県夏季野球大会・第38回全日本選手権大会沖縄県予選(日本ポニーベースボール協会沖縄連盟主催)で、八重山ポニーズが6戦全勝の優勝を飾り、3季連続の完全優勝を果たした。また全日本選手権大会と、日本全国の少年硬式野球リーグ代表が出場するジャイアンツカップの出場権を獲得。ジャイアンツカップは千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太投手ら甲子園出場メンバーが在籍していた2003年以来9年ぶり。


 八重山ポニーズは27日、空路で帰島した。石垣空港では、保護者が優勝を祝福する横断幕を持って出迎えた。


 上地玄修監督は「まだまだ出来ないこともあるが、秋季から始まって3季連続完全優勝は史上初だと思う。この子たちは八重山の誇り」と称賛。「ジャイアンツカップでは日本の広さを感じとってほしい。明日から努力していきたい」と意気込んだ。


 宮良雄太主将(川平中2年)も「3季連続の優勝はとても嬉しい。ジャイアンツカップでは、商工の甲子園出場メンバーよりいい成績を残したい。キャプテンとしてチームを引っ張っていく」と力強く語った。


 父母会の屋良部保さんは「これからも頂点を目指す場所がある。日本一になるよう頑張って」と激励した。


 同大会は7チームが出場し、総当戦で熱戦を展開。八重山ポニーズは6戦全勝で優勝を飾った。個人賞は殊勲賞に具志堅忠憲選手、最優秀選手賞に宮良主将が選ばれた。


 全日本選手権大会は7月に東京で開催され、ジャイアンツカップは8月に東京ドームを主会場に行われる。