3候補 接戦で終盤へ 大浜、砂川氏互角 高嶺氏、革新層固める

右から大浜一郎氏(50)、砂川利勝氏(48)、高嶺善伸氏(61)=50音順
右から大浜一郎氏(50)、砂川利勝氏(48)、高嶺善伸氏(61)=50音順

 10日投開票の県議選で、八重山日報社は5日、期日前投票の出口調査と、各陣営への取材から情勢を分析した。大浜一郎氏(50)=自民公認、公明推薦、砂川利勝氏(48)=同、高嶺善伸氏(61)=民主、社民、社大推薦、共産支持=のうち、飛びぬけて優勢な候補はおらず、3氏が接戦のまま終盤戦に突入している。保守陣営の大浜、砂川氏はほぼ互角。高嶺氏は革新支持層を固めている。3氏とも浮動票の獲得が最後のカギになりそうだ。

 

 八重山日報社が2日から4日間、石垣市の期日前投票所で行った出口調査では、大浜、砂川、高嶺氏が激しく競り合う構図。混戦模様となっており、一歩抜け出した候補はいない。


 ただ選挙戦は7日から「3日戦争」と呼ばれる最終盤の攻防に突入し、情勢は大きく変化する可能性がある。


 大浜、砂川氏とも支持者を最大動員した総決起大会を機に勢いを増しており、自民、公明支持層を中心に、着実に支持を浸透させている。若年層の盛り上がりも大きい。


 大浜氏は企業経営者など、砂川氏は農業関係者などから根強い支持を得ており、自民、公明支持層をほぼ二分する戦いになっていると見られる。


 高嶺氏は革新支持層を手堅くまとめ、政策中心の訴えで支持を拡大している。
 公明支持層や若年層を中心とした浮動票の取り込みが今後の課題。7日の総決起大会で運動の盛り上げを図る。