海外メディアも同行 尖閣海域へ出航

尖閣諸島周辺海域へ出航する漁船=9日午後9時半ごろ、石垣港
尖閣諸島周辺海域へ出航する漁船=9日午後9時半ごろ、石垣港

 尖閣諸島周辺で漁業活動することで、日本の実効支配をPRしようと、民主、自民の国会議員や地方議員を含む総勢約80人のツアーが9日、東京と大阪から石垣入り。同日夜、14隻の漁船をチャーターし、石垣港から尖閣諸島に向け出航した。参加者には支援者のほか、フランスの国営放送や、英国のフィナンシャルタイムズの記者も含まれている。


 民間団体「頑張れ日本!全国行動委員会」の呼び掛けで実施される漁業活動で、昨年から始まって今回で8回目。参加者数は最大となった。参加者は尖閣諸島周辺海域で釣りを行う。上陸はしない。


 同委員会の水島聡幹事長は「尖閣諸島周辺が八重山の漁師の生活の場であることを示したい」と強調した。


 一行は出港に先立ち、市役所を訪れて中山義隆市長を表敬訪問。中山市長は「尖閣諸島をめぐる情勢は大変厳しいが、日本の領土としてしっかり守るため、市も責任を持って行動する」と述べた。