副市長の辞任要求 石垣氏、識名トンネル問題で

 19日の市議会一般質問で石垣亨氏は、県による識名トンネル工事の補助金不正受給問題をめぐり、当時の担当部長だった漢那政弘副市長に対し「一般市民にとってなかなか理解してもらえないことに関わった者として、潔く身を処する気はないか」と辞任を要求した。


 今議会で漢那氏に対しては、与党系の議員から厳しい質問が相次いでいる。野党は現在のところ静観の構え。


 石垣氏は「貴殿の呼び名が『漢那』から『識名』に変わったことをご存知か」と述べ「県を退職し、時間が経ったと言っても、委員会に参考人招致されることはただ事ではない。増してや(被疑者不詳で)告訴されることは、当時の担当者の一人として何をかいわんやだ」と批判した。


 18日の一般質問で、尖閣諸島周辺での地元漁船と外国漁船のトラブルを把握していないと答弁した新垣隆農林水産部長に対しては「担当部長の発言がこの程度だとは信じられない。他国に対しても誤ったメッセージを送りかねない」と謝罪を求めた。