陸自監視部隊早期に 与那国防衛協が要請

 与那国町防衛協会(金城信浩会長)は19日、町役場を訪れ、外間守吉町長に、陸上自衛隊沿岸監視部隊配備の要請書を提出した。


 要請書は、防衛をおろそかにした国家は、歴史から消え去ると指摘。与那国への部隊配備は必要最小限度であり、平和を守り戦争を抑止することが目的と記している。


 その上で、配備計画で初年度の予算が執行段階にきているとし、町長が候補地を早期に受け入れ、今後も協力し、町の要望を沖縄防衛施設局に示すよう促している。
 同時に、庁舎移転と地下ダム建設も要請した。