CD「旗頭」発売

古里白保への思いが詰まったCD「旗頭」
古里白保への思いが詰まったCD「旗頭」

 白保出身で会社員の石垣栄一(64)さん=沖縄市=がこのほど、初のCD「旗頭」を発売、友人・知人の間で評判となっている。


 CDは、古里白保への思いを込め、石垣さんを中心に在沖白保島唄愛好会の会員と地元白保の唄自慢が協力。オリジナル「旗頭」「里の恋歌」の2曲を含む6曲を収録した。オリジナルは、石垣さんが於茂登轟の名前で作詞。会員の沖山義勝さんが作曲を手掛けた。


 録音は4月、那覇のスタジオで、初回500枚をプレス。沖縄市内のキャンパスレコードで販売(1500円)している。


 石垣さんは「忙しくてなかなか豊年祭に参加できないが、仲間と古里談義しているうちにCDが生まれた。白保の旗頭は村の誇り。詩に込められた住民の絆を聞いてもらえれば」と謙虚に話す。


 問い合わせは石垣さんの携帯電話090・4513・5698まで。