「八重山から声上げて」 尖閣問題で徳松さん指摘

 中国軍少将が尖閣諸島付近での軍事演習地区設置などを提案したことについて、石垣市に住む放送大学客員教授、徳松信男さんは9日、「先手を打って、尖閣諸島に人を送るべきだ。八重山から世界に声を上げないといけない」と指摘した。


 軍事演習地区の設置は「日本の領海なので、何かあれば自衛隊も米軍も出てくる」と述べ「不可能」という認識を示す。ただ「日本としても阻止する努力は必要。尖閣諸島に送る人間は、自衛隊でなく海保でもいい」と話した。


 尖閣諸島問題の解決策については「話し合いでは解決できない。強盗と話し合いができないのと同じだ」と断じた。