軽井沢倶楽部ホテル 楽天トラベルマイスターに

マイスター賞の楯を贈る(右から)楽天トラベルの岡武公士代表と金子さん=グランドプリンスホテル新高輪、東京、9日
マイスター賞の楯を贈る(右から)楽天トラベルの岡武公士代表と金子さん=グランドプリンスホテル新高輪、東京、9日

 軽井沢倶楽部ホテル石垣島=宮良=のネット担当マネージャー・金子光晴さんが、楽天トラベルマイスター賞を受賞し12日、発表した。トラベルマイスターは、大手宿泊サイト「楽天トラベル」が毎年、全国2万7千のホテルの中から、ネット企画で、集客に効果を上げたホテルを5部門で表彰する賞。


 金子さんは今年、Rメール(メールマガジン)とキャッチコピーの2部門で受賞。複数受賞は全国で6施設だけで、トラベルマイスター賞の受賞は3年連続となった。


 受賞したキャッチコピーは「子供の手が離れたら南の島に行こうか! 海の見えるスイートルームで叶えるあの日の約束」。


 表彰式は9日、都内のホテルであり、金子さんが受賞の楯を受け取った。
 軽井沢倶楽部ホテルで、楽天トラベルの西脇彰一さんは「八重山の魅力を具体的に分かりやすく発信しているところが評価された。金子さんのセンスで、さらに情報発信を」と期待を込めた。


 金子さんは「ホテルのサービスと食事の良さをメルマガやホームページで表現してきた。新空港の開港に向け、さらに石垣島をアピールしたい」と抱負を述べた。