八重山から熱い声援 新城選手応援会

拍手や歓声を上げ、応援する地元住民ら
拍手や歓声を上げ、応援する地元住民ら

 新城幸也ツール・ド・フランス観戦応援会(主催・新城幸也八重山後援会)が21日夜、登野城公民館で開かれ、後援会や地元住民が新城幸也選手(27)=ヨーロッパカー=へ熱い声援を送った。


 自転車レースの魅力を知りながら、地元住民と新城選手を応援しようと企画した観戦応援会第2弾。


 新城選手の出身地、登野城とあって幼少から知る地元住民で賑わった。
 ダイジェスト版で18ステージまでのレースを振り返った。


 特に敢闘賞を獲得し、日本人初の表彰台に挙がる映像が出ると、拍手や大きな歓声が上がった。


 平田勝男後援会長は「ツールドの次は、ロンドン五輪。彼も密かにメダルを狙っていると思う。八重山からも熱い応援をお願いしたい」と話した。


 また、ロンドン五輪現地に赴く、平田後援会長や新崎和治尚志会長ら、応援団が紹介された。


 最後は、残り2ステージでの完走とロンドン五輪に向けて、福仲用治応援団長の音頭で応援の掛け声を上げた。