格調高い郷土芸能 八商工が壮行公演 来月の全国大会出場

全国大会に向けて壮行公演を行った八重山商工高校郷土芸能部=21日夕、市民会館
全国大会に向けて壮行公演を行った八重山商工高校郷土芸能部=21日夕、市民会館

 

 8月10日から富山県で開催される「第36回全国高校総合文化祭富山大会」に、県代表として出場する八重山商工高校郷土芸能部が21日、全国大会派遣壮行公演が石垣市民会館大ホールで開かれた。


 郷土芸能部は、昨年11月に開催された県大会で全国大会派遣校に選ばれ、2年連連続で全国大会に出場する。壮行公演は派遣費造成も兼ねて行われた。


 公演は、「鷲ぬ鳥節」の斉唱と舞踊で幕開け。富山大会発表演目の「八重山の海人かりゆし」や昨年度優良賞を受賞した演目「果報ぬ世ば給うられ」、郷土芸能部OBと現役生の合同演目「浜遊び」などを演舞し、日ごろの稽古の成果を披露した。


 会場には部員の保護者や地域住民が大勢訪れ、部員らの演舞を堪能していた。また同校の吹奏楽部やダンス部が友情出演し、舞台に花を添えた。