「島の花嫁になりたい」 女性の応募が6割 婚活イベント

 南の島の星まつり(主催・同実行委員会)の一環として8月24日に開催される婚活イベント「星空コン」は、25日までに約50人の申し込みがあり、女性が6割近くを占めている。遠くは京都府や埼玉県などからの応募で「島の花嫁になりたい」「星空の下で出会いたい」というメッセージが寄せられている。実行委事務局の市観光交流推進課が同日の記者懇談会で明らかにした。


 応募は約7割が島外からで、同課は「地元の男性にもっと応募してほしい」と期待している。中山義隆市長は「非常に楽しみな企画」と話した。


 8月上旬には応募数が定員(男女各100人)に近づく見込み。星空コンに合わせて、旅行会社のツアー、宿泊プランの造成も進んでいる。


 星空コンは行政主体で開催される八重山で初の婚活イベント。同課は主な特徴として①旧暦の七夕に開催②バスツアーからパーティまで、男女の約7時間の交流機会設定③パーティ終了後は美崎町などへ誘導する二次会プランを想定し、まちのにぎわいを創出する―ことなどを挙げている。


 申し込みはインターネットのみで受け付けている。締め切りは8月20日。問い合わせは同課℡(0980)82―1535。