家族連れで盛況 「ゆうだち」一般公開

大勢の人たちでにぎわった「ゆうだち」の一般公開(29日午後)
大勢の人たちでにぎわった「ゆうだち」の一般公開(29日午後)

 海上自衛隊の護衛艦「ゆうだち」の一般公開が29日行われ、家族連れなど約900人が訪れてにぎわった。


 甲板に搭載されたヘリ、ミサイルの発射装置、操縦室などが公開され、訪れた人たちが興味深そうに乗組員の説明に聞き入った。


 「ゆうだち」は全長151㍍、高さ47㍍。訪れた人たちは艦内をほぼ一周し、ふだん見る機会が少ない装備をカメラで撮影したりしていた。


 石垣港では、自衛艦の制服の試着と記念撮影のコーナーも設けられ、子どもたちや若い女性に人気だった。自衛官募集の資料なども配布された。


 「ゆうだち」は乗員約150人の休養と広報を目的に27日入港した。一般公開は昨年9月の防災訓練以来。30日午前に出港予定。