「島人の宝知った」 CiRの鳥海さん離任

任期満了で離任した鳥海ステファニーさん=1日午前、市役所
任期満了で離任した鳥海ステファニーさん=1日午前、市役所

 石垣市の国際交流員、鳥海ステファニー圭希(たまき)さん(24)=米国=が1日、2年間の任期を満了した。鳥海さんは帰国を前に、中山義隆市長から国際交流親善大使の委嘱状を交付された。


 離任のあいさつで、島々の伝統文化や人情を歌ったビギンの歌「島人の宝」に触れ「来島前は歌詞の意味がよく分からなかったが、来てからは意味が伝わった。石垣に住んで働くことができ、本当に良かった。感謝している」と話した。


 鳥海さんの両親は北海道出身の日本人で、鳥海さんはハワイ州ホノルル出身。米国ミドルベリーカレッジを卒業し、日本語、英語、フランス語、スペイン語を話す。国際交流員として、学校訪問、通訳、講演、英語教室開催など多彩な活動に取り組んだ。


 帰国後はカルフォルニア州のモントレー大学院で2年間通訳の勉強をする予定で「将来は人と人との交流を手助けする仕事をしたい」と通訳の仕事に意欲を見せた。中山義隆市長は「市民や児童生徒に英語の楽しさを教えてもらった。機会があればまた石垣に来てほしい」と感謝した。