上陸議員ら任意で事情聴取 八重山署 立件は見送り

任意の事情聴取を終え、警察署を出る地方議員や政治団体幹部ら=20日午後零時半過ぎ、八重山署
任意の事情聴取を終え、警察署を出る地方議員や政治団体幹部ら=20日午後零時半過ぎ、八重山署

 尖閣諸島・魚釣島に19日、地方議員や保守政治団体ら10人が上陸した問題で、八重山警察署は20日、政府の管理する土地に無許可で立ち入った軽犯罪法違反の容疑で10人から任意の事情聴取を行った。政府はこれまで尖閣諸島への上陸を制限し、許可なく立ち入った場合は同法に抵触するとしてきた。だが、過去の石垣市議らの上陸にも、県警が立件した事例はない。今回も同様に立件を見送る方針だ。地方議員らは「この国を守っていく気持ちをもっと出していかないといけない」と述べた。


 事情聴取は20日午前11時から、午後零時半までに全員終了した。
 同署は、上陸に至った経緯や島での行動を中心に聞き取りを行った。
 聴取後、鈴木章浩東京都議は報道陣の取材に、上陸は計画的ではなかったと強調した上で、「軽率だったが、国を守っていく気持ちを示していかなければならないと思った。私的な行為で迷惑をかけた部分は申し訳ない」と陳謝した。


 頑張れ日本!全国行動委員会の水島総幹事長は「計画的な行動ではない」と強調。「今後、中国の政権が変わり、10月には再上陸すると言っている。様々な行動を考えなければならない」と政府の対応を批判した。


 上陸したのは両氏のほか、和田有一朗兵庫県議、小阪英二東京都荒川区議、田中裕太郎東京都杉並区議、小嶋吉治茨城県取手市議の地方議員5人と政治団体幹部ら。


 10人は18日夜、国会議員らと一緒に石垣島を出港し、19日早朝に尖閣諸島周辺に到着。魚釣島近くで海に飛び込んで上陸し、約2時間同島に滞在して日の丸を掲げるなどした。