中国共産党に屈してはならぬ 大浜 京子

 中国監視船が続々と領海侵犯して来ているが、呆れる様な言動が目に余る。しかし、日本側の価値観と中国共産党の価値観がこうも違うのだということの認識を新たにした。


 先日の領海侵犯の際には、自国語の中国語でなく、日本語で「尖閣は中国の領土です。ただちに離れなさい」と海上保安船に追い出しをかけているのだから、日本より上手い作戦をかけている。嘘を百回言えば真実になるという国策が中国共産党の意図するところであるから、日本は更に上を行かなければならない。


 ところでTVの報道を見ていると、中国人の目の輝きに驚かされる。日本政府要人の元気のない、死んだ様な目付きに、がっかりしている。ここからもう日本は負けている。中国側の力強い目付きの奥底に隠されている嘘に我々は負けてはならない。


 中国人が、中国にある日本大使館にペットボトルや石を投げ込んだり、日本の国旗を踏み付け焼いている場面を見ると、中国共産党政府への欲求不満のはけ口の行為かも知れぬと思えるのだ。自国政府への怒りの矛先を、日本政府に向けていると見ると言論の自由を与えられぬ中国人があわれな国民に見える。日本人は史実に基づき、もっと自信を持って、中国人の目力に負けぬ様、しっかりと目力を出して対峙していかなければならないと思っている。


 いつかの八重山毎日新聞の「不連続線」に書かれていた、八重洋一郎氏の「…丸腰でいい」という言葉が、絶えず思い出されてくるが、今の中国共産党に日本中が尖閣に片足をかけ、飲み込まれる様子が連想され、詩の世界で遊んでいる人の甘さに驚くばかりである。左翼の人々から真っ先に捧げたい。


 中国共産党発表によると、「国境問題は、その時の国力によって絶えず国境線は変わるのだ」とある。そうなっては、国境の近くに住んでいる人間は安心して生活で出来ない。(石垣市登野城)