大漁旗に被災地応援メッセージを 竹富町が呼び掛け

「気仙沼大漁旗プロジェクト」への応援メッセージを呼び掛けている=24日、町長室
「気仙沼大漁旗プロジェクト」への応援メッセージを呼び掛けている=24日、町長室

 竹富町では、東日本大震災による津波で大打撃を受けた宮城県気仙沼市の大漁旗を使った東北応援キャンペーン「気仙沼大漁旗プロジェクト」への応援メッセージを町民に呼び掛けている。同プロジェクトは大漁旗が日本全国各地へ送られ、メッセージをもらい、再び気仙沼市に戻っていくというもの。


 プロジェクトの参加は、竹富島を舞台にした映画「星砂の島のちいさな天使~マーメイド・スマイル」が、10月5日から7日まで宮城県三陸で開催される「三陸映画祭in気仙沼」での上映が決定したことがきっかけ。


 石垣竹富郷友会の亀井保信会長が橋渡しとなり、竹富町へ大漁旗を預けた。亀井会長は「将来的に気仙沼と八重山の海人の交流ができれば」と期待した。川満栄長町長も「被災地への支援になれば」と応援メッセージを書いた。町では町役場に訪れた町民などに応援メッセージの記入を呼び掛けている。