翔太爆発、3安打 伊志嶺も勝利に貢献 ロッテ2軍

 

 9月27日、ロッテ浦和球場で千葉ロッテマリーンズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの2軍戦が行われた。9対2でロッテが快勝。8番サードで先発出場したロッテの大嶺翔太選手は4打数3安打1打点の活躍でチームの勝利に貢献した。

 

 翔太選手は5回の第2打席、センター前へヒットを放ったあと、次の2打席は固め打ち。7回にはレフトオーバー、8回には左中間を破る2塁打で長打力を見せた。チームは7回に7点の大量得点をあげ、逆転勝利した。

 

 宮古島市出身の同チーム伊志嶺翔太選手は1番右翼で先発出場。最初の3打席は凡退するものの、7、8回にはセンター前、レフト前にヒットを放ち、チームの得点に絡む活躍を見せた。5打数2安打だった。

 

 4番手の投手として6回にリリーフした大嶺祐太選手は、打者4人に対し、1安打を許したものの三振を奪うなど無難な投球。大嶺の登板後チームは1点を返した。