29事業着手済み 近く来年度予算要求 石垣市の一括交付金

 沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)を活用した石垣市の事業は29日までに、29事業が着手済みであることが市財政課のまとめで分かった。すでに国から65事業の承認を得ており、11事業が要望中となっている。従来、市単独では難しかった事業が、一括交付金によって実現に向かったケースも多い。同課は「基本的に、すべての事業は年度内の執行を目指す」としている。

 

 着手済みの事業のうち「石垣島シネマフェスティバル」では、市民会館に大スクリーンと音響機器を設置。映画館がない石垣島で、市民が最新の映画を楽しんだ。石垣島にスポーツ大会やキャンプを誘致する「スポーツ!ウェルカム!石垣島!」もスタート…

 

【記事全文は紙面に掲載しています】

nippo-j@alto.ocn.ne.jp 新規購読のお申込み