洋食の老舗が定期営業終了 りたーん亭、施設老朽化で

25年の定期営業を終了した洋食の老舗りたーん亭
25年の定期営業を終了した洋食の老舗りたーん亭

 市民に隠れ家的な存在として親しまれて来た、洋食の老舗であるりたーん亭(石垣市大川)が、施設の老朽化などのため9月30日を最後に25年に渡る定期営業を終了した。

 

 店主の山中保男さんは「まだまだ続けたかったが、建物だけではなく什器備品も古くなってきたので、残念ながら定期営業を終了する事にしました。しばらくの間は夜間のみ不定期で続けるつもりです。」と述べていた。数週間前から定期営業終了のうわさを聞きつけた市民が多数訪れて、別れを惜しんでいた。