「神経戦」の段階に 尖閣狙う攻勢やまず

 台風17号の接近で、いったん尖閣諸島(石垣市登野城)周辺海域から立ち去った中国監視船だったが、再び活動を活発化させている。中国側は海外でも有力紙に相次いで「尖閣は中国領」とする広告を掲載するなど、国際世論を意識した宣伝工作も活発化。海外での報道も中国に同情的な論調が増えつつあるとされており、尖閣をうかがう中国の攻勢はやむ気配がない。


 安全保障問題に詳しい拓殖大客員教授の恵隆之介氏は「尖閣諸島問題は神経戦の段階に入った」と分析。「日本が妥協するまで、とことん追い詰める戦略だろう。日本の新内閣の布陣を見ると、田中真紀子文部科学相などの親中派が入っており、中国は『日本は妥協する』というメッセージだと見ている」。


 今後については「日本が、軍事力をもってでも明確に尖閣を守る、という意思表示をするまでは、領海侵入は際限なく続く」と予想した。