「尖閣領有権アピールを」 町村議長会が決議 オスプレイ配備に反発 西表島

県町村議会議長会の定期総会が西表島で開かれた=10日午後、中野わいわいホール
県町村議会議長会の定期総会が西表島で開かれた=10日午後、中野わいわいホール

 竹富町と与那国町を含む県内30町村の議長で組織する県町村議会議長会の定期総会が10日、竹富町西表島の中野わいわいホールで開かれ、尖閣諸島や周辺海域が歴史上、国際法上も日本領土・領海であることを国際社会に示すことなどを求めた要望決議を可決した。また、県内へのオスプレイ強行配備に対する抗議決議も可決された。任期満了に伴う役員改選も行われ、新会長に南風原町議会の中村勝氏が選出された。

 

 要望決議は、香港の民間団体メンバーによる魚釣島への不法上陸、台湾漁船団と海洋巡視船の尖閣諸島周辺の日本領海内への侵入などについて、今後、尖閣諸島周辺海域での安全な航行が阻害されると懸念している。


 その上で、尖閣諸島や周辺海域が日本領土・領海であることを中国政府はじめ広く国際社会に示すこと、尖閣諸島周辺海域での県、国の漁業者が自由かつ安全に操業・航行できるよう適切な措置を講じることなどを求めている。あて先は内閣総理大臣、外務大臣、国土交通大臣、沖縄及び北方対策担当大臣。


 抗議決議は、MV22オスプレイが米軍普天間飛行場に強行配備されたことに対して、県内へのオスプレイ強行配備に強く抗議するとともに、オスプレイ全機の即時撤収と普天間飛行場の閉鎖・撤去を強く要求するもの。あて先は内閣総理大臣、防衛大臣、駐日米国大使、在日米軍司令官など。


 また任期満了に伴う役員改選も行われ、新会長に南風原町議会の中村氏、副会長に東村議会の安和敏幸氏、北谷町議会の宮里友常氏、竹富町議会の西大舛髙旬氏が選ばれた。