「170頭以上の不妊手術を」 佐上理事長らが市長表敬

中山市長を囲むメンバー
中山市長を囲むメンバー

 16日夕方、「南の島の猫アイランド事業」を主催している公益法人どうぶつ基金の佐上邦久理事長夫妻や、獣医師4名、石垣島しっぽの会代表 早川始らが、中間報告を兼ねて中山義隆石垣市長を表敬訪問した。

 

 佐川理事長は「今日までに約140頭を不妊手術し、17日までに170頭以上は行いたい。環境省、県、市、市民などを広く巻き込んだ活動は今まで例がなく、ぜひ継続していただきたい。また石垣市では年間200頭ほどの猫が殺処分されていると聞いたが、これを機会に殺処分ゼロを目指してほしい。」と語った。

 

 不妊手術は明日まで行われ、手術を受けた猫は里親も探しているので、希望者は「石垣島しっぽの会(電話090―2153―7565)、または石垣市環境課(電話0980―82―1285)まで連絡を。