八重山でも評価の声 下地氏の靖国参拝

 沖縄1区選出の下地幹郎郵政民営化担当相の靖国神社参拝に対し、18日、八重山の保守系議員から評価する声が上がった。


 市議会の伊良皆高信議長は「自国の英霊に対する感謝と日本国の繁栄を願っての参拝で、当然のことだ」と強調。中国などの反発に対しては「他国に内政干渉される筋合いではない」と指摘した。


 別の保守系議員は「(戦没者は)今日の日本の根源を作った。下地氏の信念で参拝したのなら評価できる」としながらも「大臣になったのでパフォーマンスをしたのであれば問題だ」とくぎを刺した。