「硬式球に慣れて」 元ロッテの黒木、小宮山さん指導

黒木さん(右側)から、守備の指導を受ける中学生=市中央運動公園野球場
黒木さん(右側)から、守備の指導を受ける中学生=市中央運動公園野球場

 軟式野球を終えた中学生に硬式野球の事前準備に、野球競技会in石垣市(主催・スポッツプロジェクト)が20日、市中央運動公園で行われた。夏の大会を終え、部活を引退した市内中学3年生17人が参加。講師は、元プロ野球ロッテの黒木知宏さん、小宮山悟さんが務めた。


 野球競技会は、基礎の体力や技術の個人の力を測定し、生徒が自らの実力を知るとともに、次のステップに踏み出すための目標設定の場を提供することが目的。


 生徒は、30メートル走やベースランニング、遠投を測定した後、黒木、小宮山さんの指導で、守備、打撃、投球練習を実施した。