与党5人が新会派結成 県議選グループで「分裂」 政治手法で軋轢 市議会

  石垣市議会(伊良皆高信議長)で、与党議員5人が新会派「清風会」(石垣亨会長)を結成したことが24日分かった。メンバーは、いずれも県議選で落選した大浜一郎氏を支持した市議。県議選では保守分裂選挙を戦った苦い経験があるだけに、他の与党議員は「新たな分裂の火種になりかねない」と意図を図りかねている。

 

 県議選で、与党は砂川利勝氏支持と大浜氏支持のグループに分裂した。砂川氏の当選後、いったんは一致団結を確認したが、新会派の分裂で、両グループの路線の違いが浮き彫りになった形だ。


 清風会メンバーのうち3人は1期目の若手。政治手法をめぐり、ベテラン勢との軋轢(あつれき)があると指摘する声もある。


 清風会メンバーの砥板芳行氏は「中山市政も後半に入ったが、まだ執行部と与党の調整が足りない部分がある。与党の意思をしっかり反映させてもらうよう、会派として市政に意見をしたい」と話した。


 県議選で結集したグループが、そのまま会派を結成したことについては「市政に対し、同じ認識を持ったメンバー。意思疎通が図りやすい」と説明。「分裂の火種」との危惧に対しては「他の与党議員の意見も聞きながら、そうならないように配慮する」としている。


 清風会のメンバーは石垣、砥板氏のほか、上門孝子、内野篤、我喜屋隆次の各氏。


 与党は現在12人で、内訳は自民党系9人、公明党2人、その他1人。
 市議会の会派は清風会のほか、日本共産党、公明石垣、石垣維新の会、ソレイユの会がある。


 日本共産党は石垣三雄氏、ソレイユの会は石垣涼子氏の1人会派、
公明石垣は大石行英氏、平良秀之氏、石垣維新の会は松川秀盛氏、知念辰憲氏の2人会派。