八重山では新空港開港イベント…

 八重山では新空港開港イベントや関連行事の計画が目白押し。年明けにはお祝いムード一色になりそうだ。八重山振興の起爆剤となる公共事業として切望された新空港建設だが、完成を前にして手放しに喜んでいられそうもない◆大型公共工事で石垣市内の工事業者に多くの発注が期待されていたが、業者の期待には及ばなかった様だ。新空港の旅客ターミナルは中型機の乗り入れに対応していないことも報じられ、航空会社は現空港で使用している航空機と同じものを使用するとのこと◆中型機の就航で貨物の運搬量が増えるという望みもほとんどなく、滑走路が長くなった分、積載量を増やすことで対応する程度。300キロを超える本マグロの本土市場への空輸はしばらく期待できない。第一次産業関係者が夢に描いた本格的なフライト農業・漁業は幻となりそう◆格安航空会社の就航で期待された航空費の低減はスカイマーク社の参入が延期となり、先行き不透明。新空港が一般市民へもたらすメリットを探すのは難しい。海外航空会社のチャーター便乗り入れは数少ない朗報だが、開発が活発化すると思われた近隣地域では工事の様子がいまだ見られない。空港に付随する地元の基盤整備が間に合っていないようにも見受けられ「ただ遠くなった空港」と言われそうだ。