レアル・アカデミー石垣開校 「島で学ぶことに誇りを」 小中学生87人受講 国内初の常設スクール

小中学生87人が参加するフットボールアカデミー石垣=市中央運動公園屋内練習場
小中学生87人が参加するフットボールアカデミー石垣=市中央運動公園屋内練習場

 

 スペインの強豪サッカークラブ「レアル・マドリード」の青少年育成など社会事業財団「レアル・マドリード・ファンデーション」が7日、フットボールアカデミー石垣を開校した。サッカパークあかんまを主会場に小中学生を対象にした国内初の常設スクール。週1、2回の練習を実施。小中学生87人が受講する。


 開校式がこの日、市中央運動公園屋内練習場で行われ、石垣アカデミー代表の増田稿平さんは「小さな島でレアル・マドリードから学ぶことに誇りを持ってもらいたい」と受講生を激励した。


 派遣コーチとして3ヵ月間、子どもを指導するキジェルモ・エスクデロ・テジョさんは「子どもらにはスペインの子のように毎日、ボールに触れてほしい」、鈴木梢ヘッドコーチは「新しい試み。サッカーはもちろん、スペインの異文化に触れてもらいたい」と期待した。


 アカデミーは、サッカーを通した国際交流を推進し、国際的なプレイヤーを育成することが目的。


 練習は各カテゴリー4クラスに別れ、現地コーチら6人で指導する。参加した多宇恭輔君(登野城小1年)は「ボールを上手く操られるようになり、試合で得点を決めたい」と意気込みを語った。