「一括交付金バブル」―。市民では…

 「一括交付金バブル」―。市民では、今の八重山の行政の状態をそう呼んでいる。沖縄振興のために用意された一括交付金だが、行政の各部署が湯水のごとく予算を執行しているように見える。いや、失行と書くべきかもしれない。与えられた予算を使い切ることに知恵を使っているが(絞ってとは言いたくない)、将来の八重山のビジョンが見えない◆航空運賃の補助や貨物運賃に対する事業は、各種産業への刺激となり、効果が期待できるものの、それは県の事業。石垣市が企画・立案する事業に産業の起爆剤となるよう期待できる事業は少ない。これまで予算化が遅れた事業を一括交付金での事業に割り当てた印象が強い◆石垣市議会の委員会で議員が「行政主導で見切り発車」と、批判する声が上がったが、もっともな意見である。離島のハンディの克服や地域発展に繋がる事業・施策を市民や産業界から聴取し地域振興に役立てるべきだが、そうなっているとは言い難い◆その上、市当局は来年度の一括交付金事業を「継続事業の予算を確保した上で、余った分を新規事業に振り向けたい」と述べるなど、今年度の事業に太鼓判を押したようだ◆八重山の将来を見据えた新しい産業や観光メニューの調査・研究費などに使っても良いはずだが…