通信訓練ほぼ終了 あかんま撤収で草刈り 陸自

野営していた「あかんま」で草刈りする自衛隊員(14日午後)
野営していた「あかんま」で草刈りする自衛隊員(14日午後)

 石垣市で通信訓練を行っていた陸上自衛隊第8師団第8通信大隊は14日、訓練をほぼ終え、野営していたサッカーパークあかんまを撤収した。隊員はボランティアで周辺の草刈り作業をした。


 石垣入りしている隊員は約20人。訓練の資機材が島外に搬出される20日ごろまでは市内にとどまり、民間の施設で宿泊する。必要に応じて予備的な訓練が行われる可能性もあるという。


 隊員は市民の施設利用に対する配慮などから、施設内で宿泊しなかった。同大隊の幹部は「訓練の目的を達成できた。石垣市と市民の皆さんに感謝している」と話した。