尖閣諸島の寄付金を生かせ 堤 静江

 尖閣諸島が国有化されてから、初めて日本人2人が尖閣諸島へ上陸したのは9月のこと。上陸した2人が立件されたので事件の動向に注目していたら、上陸した一人がミュージシャンのトクマ氏でありその後、東京都知事選に立候補していることを知った。


 東京都に寄せられた尖閣諸島購入寄付金は15億円にものぼるが、善意が生かされない内に石原都知事が辞職している。国有化には中国との密約があったとされている。「国が買い取ることで上陸もしなければ、建物も建てない。一切、現状維持で何もしない」と。


 トクマ氏たちはこの中国との密約を破ったことになり、中国を怒らせた勇敢な日本の侍といえるだろう。購入資金を支援した多くの国民は、国有化で善意が生かされないもどかしさを感じていると思う。


 トクマ氏の東京都知事選挙の主要政策のパンフレットに「尖閣諸島寄付金を有効活用し、尖閣諸島の久場島を東京都で購入する。魚釣島に建築物を建造する」とあった。これが実現すれば、寄付をした人たちも喜ぶのではないだろうか。


 魚釣島にはもともと、船を接岸させる設備があってほしいと言われていたと聞く。尖閣諸島は日本の領土だが、建築物を建てるなどして目に見える形で守らなければいけないと思う。中国は国内法を勝手に国際法にするような国だ。いつ尖閣諸島を奪われるかわからない。


 竹島は韓国によって実効支配され続けているが、尖閣諸島が中国に侵略されないように建築物を作った方がいいと思う。


 日本の領土を守るために寄付をしてくれた多くの人の善意を生かすことにもなるし、石原前都知事の意思にもつながると思う。(神奈川県横浜市)