ハゼとカニがバトル

「バトル」を繰り広げたハゼとカニ
「バトル」を繰り広げたハゼとカニ

 ハゼはエビと住みかを共生するなど、仲が良いイメージだが、同じ甲殻類のカニとはどうも相性が悪いようだ。16日、石垣島アンパルの干潟で干潮が始まり、陸が現れるころに、地上に出るハゼたち。


 そこにニョキニョキ穴から現れるカニたちは、もうエサの場所取りで争いながら、しきりに餌をつまんで口に運ぶ。


 そこを通りかかったハゼに「どけ!」とばかりちょっかいを出したのがヤエヤマシオマネキ。


 ミナミトビハゼは、背びれを立てて威嚇に入る。しつこく続いたにらみ合いの最中は、なかなか見られないミナミトビハゼの背びれの大公開となった。この背びれは、威嚇の紋様ということになる。