馬英九閣下 尖閣史料ご提供に感謝 第三囘 石井 望

 長い歴史の中で、尖閣航路の渡航を主導してゐたのは常に琉球人であった。「全臺圖説(ぜんたいづせつ)」に至る釣魚臺(てうぎょだい)(尖閣)情報も、琉球人が提供した可能性が極めて高い。清國人(しんこくじん)は使節として琉球に渡る際に情報を得て、それを地誌の編纂者が採用したと推測するのが最も自然である。


 そもそも尖閣の帆船航路は季節風を利用せねばならず、無人島で折り返すことはできない。西から來れば、必ず琉球まで進んで季節風の移ろひを待つ。尖閣を宜蘭領域の限界線として確認し、そのまま臺灣(たいわん)へと折り返すといふのは空想に過ぎない。


 ▼花蓮は領土外か
 チャイナ側主張の宜蘭(ぎらん)には、釣魚臺が屬(ぞく)してゐなかったこと前述(連載第二囘)の通りである。では釣魚臺とともに記載される花蓮(くわれん)は確かに國外なのか。念のため臺灣史の通説を概觀しておかう。


 清國は康煕二十二(西暦1683)年に臺灣島の西側から上陸して、今の臺南(たいなん)附近を占領し、臺灣島の西半分を侵略し始めた。十九世紀初頭には東側北部の宜蘭にまで領土をひろげたが、東側中部の花蓮は最も遲(おそ)くまで國外であった。


 明治七年(西暦1874年)五月に至り、日本の西郷從道(つぐみち)軍は東側南部の清國領外「牡丹社」地域に遠征した。高校教科書に「臺灣出兵」として載る事件である。清國領外であるから清國との戰鬪(せんとう)は無く、先住民との戰鬪が行なはれた。

 

 このとき清國が臺灣の東南部を「化外(くわがい)」即ち國外と位置づけたことが有名で、清國の文書「籌辦(ちうべん)夷務(いむ)始末」内の間接的言説中に見えるほか、羅惇融(らとんゆう)「中日兵事本末」などの野史(やし)に見える。化外の地は臺灣全土だと勘違ひされがちだが、主に東部だけである。日本の研究者の間では、化外であった史實(しじつ)について清國に贔屓(ひいき)する政治的論調が多いので注意を要する。

 

 出兵後、同年十月に日清兩國は條約を結び、日本はこれ以後臺灣の東南部を清國領土とすることを認めた。しかし清國はまだ實(じつ)効統治を始めたわけではなかった。

 

 焦った清國は、翌年(西暦1875年)に至り、東南部のみならず花蓮まで清國の行政區劃(くくわく)に編入することを決定した。そして「開山撫蕃(かいさんぶばん)」といふ武力侵攻を經て、ほぼ西暦1878年に花蓮の大部分を清國統治下に入れた。その最後の「カリャワン戰役(せんえき)」は、民族淨化の慘劇(さんげき)として近年の臺灣史研究の一焦點(せうてん)となってゐるらしい。多數(たすう)の先住民が殺され、殘虐な酷刑も執行された。

 

 「開山撫蕃」以前にも少數の清國人が花蓮に侵殖(しんしょく)してゐたが、違法とされてゐた。清國は臺灣に於ける國外入殖を禁じてをり、解禁したのは開山撫蕃と同じ西暦1875年である。 このやうに臺灣史の大事を概觀すれば、馬英九(ばえいきう)氏が「全臺圖説」の成立年とする西暦1872年には、花蓮が清國の國外だったことが容易に分かる。


 ▼未知の尖閣を防衞する中華思想
 釣魚臺は宜蘭に屬せず、花蓮も國外であった。しかし西暦1878年前後に花蓮が清國の有となった後も、釣魚臺まで併せて清國となったわけではない。釣魚臺は花蓮とともに記載されただけであって、花蓮に屬してゐたわけではない。


 その一證左(しょうさ)となるのが、「開山撫蕃」とともに釣魚臺を記述した史料である。清國の方濬頤(しゅんい)著「臺灣地勢番情(ちせいばんじゃう)紀略」に曰く、
 「鷄籠山陰有釣魚嶼者、舟可泊、是宜設防。」
 (鷄籠(けいろう)山陰に釣魚嶼(てうぎょしょ)なる者有り、舟泊(はく)すべし、これ宜(よろ)しく防を設くべし)
 と。陰とは北である。この著作は「開山撫蕃」即ち臺灣東部侵攻による領土編入の史事を概論する。

 

 その中で「防を設ける」とは、同じく侵攻して領土に編入することを指す。「宜しく設くべし」とは未來の空想である。されば西暦1875年の開山撫蕃の後にも、釣魚臺は領土に編入されてゐなかったことが分かる。しかも「釣魚臺なる者有り」といふのだから尖閣をほとんど知らない。

 

 知りもしないのに防衞を大言するのが中華思想であり、この種の大言は到る處(ところ)に見られる。「普天(ふてん)の下、王土にあらざるなし」といふ古語も有り、全世界の無主地は本來なら自國領土だと勘違ひしてゐる。

 

 そんな中華思想の基準は、聖徳太子時代からつづくユーラシア東半のインド文明圏諸國と決して相容れないし、況(いはん)や近代國際公法に於いてをや。日本は斷(だん)じてこの基準を受け容(い)れてはならない。(つづく)(長崎純心大准教授)