全国へ壮行公演 「日本一狙う」 二中と八重高カラーガード部

息の合った演技を披露した石垣第二中マーチングバンド部=石垣市総合体育館
息の合った演技を披露した石垣第二中マーチングバンド部=石垣市総合体育館
日本一へ意欲を膨らませる、八重高カラーガード部。左端は寄付した宮良さん。=石垣市総合体育館
日本一へ意欲を膨らませる、八重高カラーガード部。左端は寄付した宮良さん。=石垣市総合体育館

 第40回マーチングバンド・バトントワリング全国大会出場壮行演奏会(実行委主催)が9日夜、石垣市総合体育館であった。県代表の石垣第二中吹奏楽・マーチングバンド部と八重山高校カラーガード部が、息の合った演舞と演奏を披露、全国大会へ期待を膨らませた。


 二中マーチングは男子10人を含む総勢49人。おそろいの衣装で全国大会で披露する「コラゾンアパショナード(燃え続ける心)」を演じ、ダイナミックな動きと調和、確かな演奏を聴かせた。


 八重高カラーガード部は、男子1人を含む22人。生徒がデザインした衣装を身にまとい、色鮮やかなフラッグ(旗)を自在に操って、風をテーマにしたさわやかなダンスを披露した。両校に観客から大きな声援が贈られた。


 二中マーチングは全国大会に14回目の出場。過去3回、全国一の実績を誇る。部長の与座英介君(3年)は全国の舞台は2度目。「部員の気持ちが熱い。仕上がりも順調。日本一になる自信はある」と胸を張った。


 八重高は3年連続の全国キップ。部長の外間ひかりさん(3年)も毎年の出場だ。「高校最後の大会なので全国の頂点を狙う。部員の気持ちも一つになっているので自信はある」と外間さん。


 壮行会を前に、派遣費に充ててと、八重山熱工業の宮良博文代表がカラーガード部に10万円を寄付した。


 壮行会には、登野城小と平真小マーチング、一般の石垣クラウンイーグルも友情出演、2校部員の背中を後押しした。全国大会は15日、さいたまスーパーアリナで開催される。