サッカーU-16日本代表候補 川島(石垣中)を追加招集

代表候補に追加召集された川島洋斗君
代表候補に追加召集された川島洋斗君

 サッカーのU―16日本代表候補トレーニングに川島洋斗君(石垣中3年、15歳)が11日、追加召集された。12日からの沖縄キャンプで、来年開催するU―17ワールドカップ出場メンバーを目指す。八重山から初の選出。県内では上原勘七(那覇西高1年、16歳)の2人。川島君は昨年、サッカーナショナルトレセンU―14育成選手の1人に選出。突破力を買われ、サイドバックのディフェンダー(DF)として活躍が期待されている。


 持ち味はスピードと運動量。トレーニングではDFに必要なフィジカル、相手との駆け引きが要求される。

 川島君は「持ち味のスピード、運動量をアピールしたい」と、意欲を示した。

 

 キャンプは、12日から5日間、本部町陸上競技場で実施。30人が参加する。


 日本サッカー協会によると今回、U―16アジア選手権を戦ったメンバーは招集されず、新戦力発掘の目的が強いトレーニングキャンプになるという。

 最終的に21人が代表として選出される。


 U―17ワールドカップは、来年10月17日から11月8日にかけて、アラブ首長国連邦で開催される。