全国学テ、満点が4人 教育長胸張る 与那国町

 児童生徒を対象にした今年度の全国学力テストで、与那国では小学校で4人の満点が出たことが分かった。町教育委員会の崎原用能教育長は20日の町議会一般質問で報告。町全体の成績についても「各教科とも県平均を上回り、全国平均を上回る学校が出ている。石垣市では冠鷲プロジェクトで県平均に上げようと一生懸命だが、わが与那国ではマスコミを利用しなくても、子どもたちの学力は確実に上がっている」と胸を張った。


 全国学力テストは国が各地区の学校を抽出して行っているが、与那国町では抽出校がなかったため、全小、中学校が任意で参加した。

 

 学力の状況を質問した崎原孫吉氏は「結果を町民の皆さんに知ってもらいたい」と要望。崎原教育長は学校ごとの結果について、児童生徒数が少ないため個人が特定されるとして慎重な姿勢を示したが、公表のあり方について町教委で議論した上で「町広報なりに掲載して町民に知らせたい」と述べた。