「安里屋ユンタ」歌碑建立に 向けたみなぎる郷土愛 石垣 栄一

 夢ふくらむ清新な巳年をお迎えのことと心からお喜び申し上げます。


 昨年9月、郷里白保において、星克先生の創作した「安里屋ユンタ」歌碑建立期成会が設立され、直ちに白保公民館コンサート広場に歌碑起工に着手した。


 12月16日には、台座に碑名を刻銘した自然石を設置し、今年2月の序幕へ向けて、工事は順調に進み、一方資金造成については、地元での寄付金集めを始め、記念ボトル「泡盛」の販売等を推進中である。


 昨年11月18日には、那覇市ぶんかテンブス館において資金造成のため、テーマ「八重山の心の響き」と称しチャリティーコンサートを開催したところ、500名余りの方々にご来場いただいた。公演の結びには、全員で「安里屋ユンタ」を合唱し、成功裡にコンサートを終えることができた。


 コンサートを実行した者として、チケットの販売は目標通り販売できるのか、広告掲載に協力できる事業所はあるのか大きな不安もあったが、在沖白保郷友会の皆様のみなぎる郷土愛が呼応を奏し、コンサートを成功へ導くことができ感動した。
 11月30日には、沖縄カントリーでチャリティーゴルフコンペも開催し、八重山出身のゴルファーの皆様のご支援も頂いている。


 来る1月18日には、石垣市民会館大ホールにおいて、故郷白保の皆様を中心に「みなぎる郷土愛」をテーマに「安里屋ユンタ」資金造成チャリティーコンサートが予定されており、出演者一同ユニークな公演にと張り切っている。


 「安里屋ユンタ」歌碑建立に向け、郷里白保を誇りに持つ皆様の「みなぎる郷土愛」の山が大きく動いている。


 郡民の皆様方、チャリティーコンサートへ、ご支援ご協力を賜りますよう、よろしくお願い致します。(沖縄市松本)