農家の嫁不足解消へ JA八重山支店が婚活 黒島で牛まつりデート 「ハート」射止めるか参加者募集

 嫁に来ないかぁー、僕のところ(農家)へ― JA八重山支店が、慢性的な農家の嫁不足解消のため婚活に乗り出す。「ハートの島で愛しましょう!」をキャッチフレーズに、結婚を希望する独身農家と女性を募集。ハート形の黒島で牛まつりデートも設定し、カップル誕生を狙う。


 婚活は2月23日から2日間を予定。ANA石垣リゾート(ホテル)で、顔合わせの食事会をした後、翌日は黒島牛まつりでのデートをセッティングする。


 募集対象は、男性が八重山在住の30歳以上の農業従事者。女性は20歳以上の独身なら居住地も国籍も問わない。


 JA八重山青壮年部が昨年2月、婚活を開催したものの、カップル誕生はならず今年、支店で改めて企画、ハートの島「黒島」に願掛けし再度、嫁探しに挑戦する。


 参加料は男性が1万円、女性は、ホテルの1泊宿泊費とまつり参加料(船賃込み)、JA職員がガイドする石垣島観光を含め3千円と「大サービス」(JA)する。

 男性は20人、女性は25人を募集。申し込みは31日まで。


 2日間の婚活だけでなく、希望する女性には月2回、市内で3か月間に渡って農業に取り組む「体験」も用意。アツアツ新婚生活づくりを、JA八重山が全力支援する。


 又吉健夫管理部長は「農家の嫁不足は古くて新しい問題。八重山の専業農家の男性は2割弱が独身ではないか。女性は結婚しても、必ずしも農業をしなくてもいい。1組でも多く、ゴールインさせたい」と張り切っている。

 申し込み・問い合わせは電話82・2005 JA八重山支店まで。