「実効支配元年に」 宴で開拓の日祝う

仲間代表世話人が渡辺さん(右)、菅沼さんに感謝状を贈呈した=14日午後、古賀辰四郎開拓記念碑前
仲間代表世話人が渡辺さん(右)、菅沼さんに感謝状を贈呈した=14日午後、古賀辰四郎開拓記念碑前

 尖閣諸島を守る会(代表世話人・仲間均市議)の「尖閣諸島開拓の日を祝う宴」が14日、八島町緑地公園内にある古賀辰四郎開拓記念碑前で開かれた。参加者からは「今年を尖閣諸島の実効支配元年にしてほしい」(砂川利勝県議)などと、実効支配強化に向けた施策に期待する声が相次いだ。


 仲間代表世話人は「漁業者が安全操業するための灯台、港などを早急に整備しなくてはならない」と強調。尖閣を開拓した古賀辰四郎の業績について「偉大な先人の功績をたたえ、市民とともに再確認したい」と呼び掛けた。


 砂川県議も「自民党には、野党時代に言ってきたことをしっかりと実現してほしい。踏み込んだ対応を求める」と実効支配の強化を要求した。


 箕底用一市議が①諸外国の不当な干渉や挑発行為を許さず、毅然とした対応を講じる要請活動を行う②尖閣諸島の国土利用計画策定と実現を働きかける―などとした決議を朗読した。


 仲間代表世話人は、同会の功労者として渡辺栄樹さん、菅沼長市さんに感謝状を贈呈した。


 伊良皆高信市議会議長、片山さつき総務大臣政務官が祝辞を述べた。漁業者の池田元さんの音頭で乾杯した。