今年の元日も昨年同様…

 今年の元日も昨年同様、観音堂へお参りし、家族の健康と幸多きを祈願した。長い階段と長い時間をかけ、やっとこさたどり着くと、目の前に賽銭(さいせん)箱◆折からの不況で大枚はちょっと難しいので、縁起を担いで、語呂合わせの五円一枚をさりげなく放り込み、ぶら下がっている紐と鈴を神・仏様への呼び鈴だと思い、両手で思い切り振りまわしてきた◆おとそ気分に酔った神・仏様も、びっくりして起きたことだろうと、目をカッと開き、直立不動の体制で両手をしっかりと合わせる。今年の願い事は、宝くじ…いやいや、せっかくだから一つだけではもったいないと考え直し、定番の健康はもちろんのこと、いろいろと…でも最後は面倒くさいので「わが身に福来たれ」と祈って参りました◆新政権は経済成長の目標を掲げ、国民を背負って全力で走り続けるようだ。渡る世間は鬼ばかり。景気回復の結果を出せないと、参院選ではきついお灸をすえられかねない◆大型の緊急経済対策を打ち出して不況打開を図るようだが、大盤振る舞いには「財政規律を乱す」と批判も多い。しかし多くの国民にとって、今は見渡す限りのどん底だ。離島の離島である八重山までしっかり行き届く「財政政策」「金融緩和」「成長戦略」で、新政権には福の神になってほしい。